« ありがとうございました。 | トップページ | コンベンションリポート 2 »

2006年6月14日 (水)

コンベンションリポート 1

6月9日(金)
いよいよこの日がやって来ました。飛行機に乗ることさえ除けば、心はウキウキです。朝からの雨でお天気は少し残念ですが、子供達を学校に送り出して、主人と車で空港に向かいます。
空港ではpiyo-bearさんが、先に出発ロビーで待ってました。リムジンバスはビジネスマンでいっぱいだったとのこと、私は車で良かったです。今回は一人旅ではないので、それだけでも飛行機の怖さを忘れられそうです。と思っていたら、飛行機はとっても揺れました。せっかくのJクラスも台無しになるくらい、とても怖かったです。一人だとパニックになっていたかも・・・と思いましたが、私よりpiyo-bearさんの方が大変なことになってました。おかげで時間はとっても短く感じてあっという間に羽田に着きました。ありがとう、piyo-bearさんです。
飛行機で酔ってしまったので、少しだけお昼を食べてモノレールで浜松町へ向かいます。会場の東京都立産業貿易センターへ向かう道で、偶然にも、この後一緒に行動するberry-berryさんと会って、3人でいざ会場へ。
14:00になり出展受付が始まると、さっそく受付を済ませて自分のブースへLet's go!です。3Fの右奥、テーブルの上にでっかく乗った箱ですぐに分かりました。すぐに箱を開けて、セッティングしていきます。1人で1ブースをディスプレイするのは、けっこう力仕事です。今回はソックスベアのディスプレイ用に白い棚を新調したのですが、重くて箱から出すのに手間取ってしまいました。明日もあるのでほどほどに済ませて、コンテスト用のパンダを2Fへ。ちょうどpiyo-bearさんとberry-berryさんも4Fから下りて来て一緒に会場を後にしました。
これからberry-berryさんの案内で、吉祥寺の雑貨屋めぐりです。
まず、piyo-bearさんの行きたかった100円Shop、"natural-kitchen”へ。なんともびっくりのおしゃれな100円Shopです。お店のものがすべて100円と言うのが信じられないぐらいカワイイくて、ナチュラルなのです。
次に、"COTTONFIELD"で布選びです。あれもこれも欲しい布がいっぱいなのですが・・・とりあえず、ほどほどに。でも一番欲しかった布は、売り切れになってました。残念デス。
そしていよいよ私が一番行きたかった"socks * ciao!"へ。ブルーのドアがお洒落なフィードサックとアンティークのお店です。中は、もうパラダイスのようでした。山のようなフィードサックに目を奪われ、自分のお気に入りを探すのに夢中になりました。ここでberry-berryさんの知り合いのベア作家にも会いました。みんな素敵なお店を知っているんですね。私も、もっとお勉強しないといけません。
berry-berryさんの案内で次は近くのパン屋さん"Dans  Dix  ans"に行きました。ショーケースの中にあるパンを選んで、お店の人が取ってくれます。ここでは食パンを買いました。この後の2日、朝食のパンになりました。少し甘めのとても美味しいパンでした。
いっぱい歩いてお腹も空いたので、紅茶のお店で休憩しました。赤いドアの小さなお店です。ドアを開けてビックリです!何と、私が前から気になっていた"カレルチャペック"のケーキ屋さんだったのです。紅茶の苦手な私は、ハーブティ—とスコーンのセットにしました。その後あまり時間も無かったのですが、少し離れたお店にも行きました。
夜になって予約してあった"モンスーンカフェ"で、アジアン料理を食べたのですが・・・パクチーがダメでした。なんとも、臭いのです。berry-berryさん曰く、オヤジの頭の匂いと言ってましたが・・・まさにそのとおりでした。でも、マンゴージュースと小龍包は、とても美味しかったです。ご飯を食べて、piyo-bearさんとberry-berryさんと別れ、これから3日間お世話になる東京のお兄さん、お姉さんと合流です。2人はまだご飯を食べていなかったので、イタリアンを食べに行きました。私は2度目晩ご飯でしたが、海苔とチーズのスパゲッティがとても美味しく、またまた食べてしまいました。
家に着くと24:00近くで、寝たのは1:00を過ぎてからでした。とっても、長い一日でした。

カレルチャペックスウィーツ モンスーンカフェ
6100361009

|

« ありがとうございました。 | トップページ | コンベンションリポート 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンベンションリポート 1:

« ありがとうございました。 | トップページ | コンベンションリポート 2 »